ライブチャットで出会う

脇にしこりができたら?

しこりと乳腺炎の原因は?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

赤ちゃんおっぱいしこり

 

 

授乳中に(あれっ?)と気づくことの多いしこりですが、しこりを発見した時点で既に乳腺炎になっている可能性があります。

 

 

乳腺炎は39度を超えるような発熱を伴うこともあり、頭痛や関節痛、全身の倦怠感など、インフルエンザと似たような状態になることも。

 

 

また、スムーズに出てくるおっぱいはサラッとしていてほんのり甘いのですが、乳腺の時に出るおっぱいはマヨネーズのようにドロッとしていてしょっぱいのです。

 

 

では、そもそも乳腺炎になる原因は何なのでしょうか?

 

 

↓乳腺の詰まり&妊娠線ケアに役立つクリームはこちら↓ 完全母乳

 

乳腺炎の主な原因は?

 

では早速、乳腺炎の主な原因をみていきましょう。

 

 

 

 

食事内容に偏りがある

 

 

脂っこいものや甘いものを一度に大量に食べたり、毎日食べたりすると乳腺炎になりやすくなります。

 

 

 

 

冷え

 

 

代謝不良によって、母乳がスムーズに出て行かないことが原因です。

 

 

 

 

抱っこの仕方がまずい

 

 

癖のある抱っこにより、おっぱいの加えさせ方が偏っていると、特に細い方の乳管ではおっぱいがスムーズに出ない。

 

 

 

 

赤ちゃんの飲む頻度が少ない、引っ張り飲みをする

 

 

赤ちゃんが眠りがちで、ママの授乳したいタイミングと合わないのでおっぱいが溜まってしまう。

 

 

また、赤ちゃんが引っ張りのみを続けると、引っ張る方向にある乳管がだんだんと細くなっていって詰まり易くなる。

 

 

 

 

赤ちゃんがおっぱいを飲まない

 

 

飲まない

 

 

溜まる

 

 

まずくなる

 

 

もっと飲まなくなる

 

 

もっと溜まる。。

 

 

と悪循環になり、結果的に乳管が詰まってしまう。

 

 

 

これらが乳腺炎の主な原因だといわれています。

 

 

 

スポンサードリンク

乳腺炎のおっぱいをあげても大丈夫?

 

完全母乳

 

 

乳腺炎のおっぱいを赤ちゃんにあげてもいいかどうか気になりますが、化膿していても授乳により細菌や毒素が赤ちゃんの口に入ることはないと言われています。

 

 

乳腺炎のおっぱいはしょっぱく美味しくないので、あまり飲みたがらない素振りを見せるかもしれませんが、ここは早く元のおっぱいに戻すためにも頑張って飲んでもらいましょう!

 

 

乳腺炎で病院に行くと抗生物質を処方されますが、抗生物質でしこりが小さくなっても、おっぱいを出していないと乳腺炎がすぐにぶり返すので、とにかくドクターのストップがかかっている期間以外は授乳は続けた方が良いでしょう。

乳腺炎の予防と対処法は?

 

完全母乳

 

 

ここでは乳腺炎の予防と対処法についてみていきましょう。

 

 

 

 

【 乳腺炎の予防方法 】

 

 

おっぱいを飲ませ終わった後に、自分の乳房を触ってみて部分的に硬くなっていないか、腕を伸ばし上げたら突っ張るような感覚がないかを確かめてみましょう。

 

 

また、締め付けるタイプの下着を着けていると下着の圧迫で乳汁の循環が悪くなりおっぱいが詰まってしまうことがあるので、ワイヤー入りの下着は避けてノンワイヤーの下着に変えましょう。

 

 

おんぶ紐のつけ方も注意が必要で、胸の前でバッテン(クロス)になるようなおんぶ紐を使っているママはバッテンの位置を鎖骨あたりで肩紐をねじるようにし、紐が乳房にかからないよう胸のあいだを通るように付けましょう。

 

 

さらに、抱き方や吸わせ方が偏っていて母乳が残り乳腺炎になってしまう場合は、抱っこの仕方を変えてみて下さい。

 

 

これ以外にも、母乳が詰まらないように日々マッサージをしてあげましょう。

 

 

妊娠線用のクリームを使うと滑りも良くなりますし、母乳の出をスムーズにしながら胸の妊娠線ケアもできてしまいます。

 

 

乳腺の予防もでき、妊娠線のケアまでできるなんて一石二鳥ですね♪

 

 

>>妊娠線・肉割れを消すクリーム nocor(ノコア)

 

 

 

 

 

【 乳腺炎の対処法 】

 

 

39度を超えるような熱が出たら、胸や両脇をアイスノン等で冷やすと良いといわれています。

 

※ただし、冷やすし切ると乳房内の血液の循環が悪くなり、しこり自体が小さくなってもスッキリしないことがあります。

 

 

また、しこりがある場合は、しこりの外側を手で押さえて飲ませるようにして飲ませてあげましょう。

 

 

↓授乳中OK!母乳をサラサラにする葉酸サプリはこちら↓ 完全母乳

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加