ライブチャットで出会う

断乳か卒乳を考えているなら!

卒乳の時期について

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

赤ちゃん卒乳

 

 

生後半年くらい経つと、だんだん出てくる(そろそろ断乳しないとな・・)という気持ち。

 

 

いつまでもおっぱいを飲んでいると甘えん坊になってしまうのでは?

 

歯並びが悪くなってしまうのでは?

 

他の人に知られると「おっぱいまだあげてるの?」と笑われてしまうんじゃないか。。

 

 

など断乳を考えている理由は様々だと思います。

 

 

また、雑誌や本では「○ヶ月になったら卒乳したほうがいい」「歩けるようになったら卒乳しよう!」と謳っているところもあるようでそれがまた(やっぱり断乳しなきゃ。。)というプレッシャーへになることも。

 

 

ただ、こういった暦時間で卒乳を測っているのは実は大人だけで、子供にとって暦の時間は関係なかったりします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

私自身、暦に合わせた無理やり断乳&卒乳を試しましたが、娘が半狂乱になって泣き叫んだり、夜泣きが再発したりと大変でした。

 

 

また、いきなり断乳をしたことで、風船の中に水が溜まって膨れ上がっていくように、乳房の中で乳汁が溜まり、おっぱいもすごく痛くなりました。

 

 

確かに子供の立場からすると、大人スケジュールの断乳や卒乳は (えっ?なになに?まだいるんだけどっ!止めるなんて聞いてないよ!(>Д<))の状況で、ショック以外の何ものでもないですよね

 

 

例えるならば、お乳を飲んでいる生活から離乳食に向けて、少しずつでも移動しようとしている赤ちゃんのハシゴを大人の都合でいきなり取り去ってしまうのと同じ。

 

 

完全母乳

 

 

断乳をして激しく泣き叫んでいたのは、いきなりハシゴを外され、ビックリして飛び降りてしまったためでしょう。

 

 

ケガはいずれ治るにしても(必要なものを必要な時に取り上げられてしまった)という古傷はいつまでもうずきますよね。

 

 

ですから、断乳や卒乳に関しては「子供のベストタイミング」に合わせて自然に卒乳させることが一番ではないでしょうか。

 

 

その方が子供にとってもママにとっても心身ともに無理がないと思いますし、赤ちゃんとママの絆もそういった所で育まれるのだと思います。

 

 

また、ママが赤ちゃんの気持ちを理解する事により、赤ちゃんは安心しますし、心の安定へと繋がります。

 

確かに、世の中の噂や他の子の「卒乳事情」も気になりますが、大事なのは「自分の子供がどうであるか」で、その子が必要なものが必要なだけ与えられることがベストなのでしょう。

 

 

授乳を通して、必要な時期に子供の心を安定させ、甘えの気持ちを満たしてあげることは、私たちが思っている以上に大事なことなのかもしれません。

 

 

卒乳すべきがどうかを迷った時は、一度「この子にとってそれは必要なのか?」を考えてみるといいかもしれませんね^^

 

 

↓乳腺の詰まり&妊娠線ケアに役立つクリームはこちら↓ 完全母乳

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加