ライブチャットで出会う

離乳食はこう始める!

離乳食の進め方

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

完全母乳

 

 

個人差はありますが、5、6か月頃になり、次のような様子が見られたら離乳食を開始しても良い頃でしょう。

 

 

【離乳食開始の目安】

 

・ 首のすわりがしっかりしている。

 

・ 支えてあげると座れる。

 

・ 食べものに興味を示す。

 

・ スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

 

 

そして、生後月日別の離乳食の進め方とポイントは次の通りになります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

●生後5、6か月ごろ (1日1回)

 

 

・ 最初は1日1回、授乳の前に、なめらかにすりつぶした状態の「つぶしがゆ(米)」を1さじから始めてみましょう。そして、2〜3日に1さじの割合で増やしていくとスムーズに進むことができると思います。3〜4さじくらい食べれるようになったら、やわらかく煮た野菜や果物もあげてみましょう。

 

 

・ 最初の1か月は、栄養の補給というより、食べることに慣れるのが目的。赤ちゃんの様子をみながらゆっくり進めていくと赤ちゃんもママも無理なく進められます。

 

 

・ 1か月くらいたち、赤ちゃんが唇を閉じてごっくんとじょうずに飲みこめるようになったら、離乳食を1日2回に増やしましょう。毎日、決まった時間に食べさせるようにすると、食べる時間も量も規則的になってくるので良いでしょう。

 

 

 

 

●生後7、8か月ごろ (1日2回)

 

 

・ 口をもぐもぐ動かして、舌でつぶす動きができるようになるので、舌でつぶせる固さを意識して調理しましょう。

 

 

・ 1日2回食で、食事のリズムをつけていきます。

 

 

・ おかゆや野菜はもちろん、まぐろやかつおなどの赤身魚、鶏肉(ささみ・ひき肉など)やレバーも食事としてあげ始めることができます。いろいろな味や舌ざわりを楽しめるように、食品の種類を増やしていき、穀類、野菜・果物、たんぱく質性食品などを組み合わせていきましょう。

 

・ 卵は卵黄(固ゆで)から始めます。慣れてきたら全卵(1/3個)が使えます。

 

 

 

 

●生後9〜11か月ごろ (1日3回)

 

 

・ 1日2回の離乳食で食べる量も安定してきたら、1日3回の食事に進んでいきましょう。朝、昼、夜と食べるのが理想的で、食事のリズムを大切にし、家族が一緒に食べることを体験するようになります。

 

 

・ 上手に上あごで押しつぶして飲みこめるようになったら、歯ぐきでつぶせる程度の固さを意識して料理しましょう。

 

 

・ この時期は気づかず鉄欠乏性貧血になる赤ちゃんもいるので、赤身魚、レバーなど鉄分の多い食品も積極的に取り入れてあげてもOK。また、緑黄色野菜もたっぷり取り入れましょう。

 

 

↓授乳中OK!母乳をサラサラにする葉酸サプリはこちら↓ 完全母乳

 

 

 

 

●生後12〜18か月ごろ (1日3回)

 

 

・ 形のある食物をかみつぶすことができるようになり、エネルギーや栄養素の大部分が母乳またはミルク以外からもとれるようになります。しかし、急に大人と同じものを食べられるようになるわけではないので、食材の選び方や形には気をつけましょう。

 

 

・ 自分で食べる楽しさを覚える時期でもあるので、「手づかみ食べ」も十分にできるようにしましょう。

 

 

・ 1日3回の食事のリズムを大切にして、生活習慣を整えていきましょう。

 

参照:http://www.mcfh.or.jp

 

 

 

はじめは上手にキレイに食べることができるよりも、「食べることは楽しい♪」と感じることができるのが大切です。

 

 

食べる楽しさが分かれば、食べ方の工夫もするようになり自然に上手になってきます。

 

 

また、次の食品は離乳食として注意してください。

 

 

・ はちみつ : 乳児ボツリヌス症予防のため、満1歳まで与えないようにしましょう

 

・ 牛乳 : 牛乳を飲用するのは1歳を過ぎてからにしましょう

 

・ 卵 : 卵白はアレルギー症状を起こすこともあるので、7〜8か月以降になり、固ゆでの卵黄から始めて様子を見てから全卵に進むようにしましょう。

 

 

これらに気をつけながら、赤ちゃんもママも離乳食を楽しんでいきましょう♪

 

 

↓授乳中OK!母乳をサラサラにする葉酸サプリはこちら↓ 完全母乳

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加