ライブチャットで出会う

ヘアカラーは大丈夫?

授乳のヘアカラーについて

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

完全母乳

 

 

授乳中だけれど、おしゃれや白髪染めの理由で髪を染めたい!という人も多いと思います。

 

 

ここでは、授乳中のヘアカラーとその影響についてみていきましょう。

 

 

↓授乳中OK!母乳をサラサラにする葉酸サプリはこちら↓ 完全母乳

 

授乳中のヘアカラーとその影響は?

 

完全母乳

 

 

パーマや毛染めは、毛髪の中に薬液が浸透し、化学的変化を起こすことで染まります。

 

 

美容室で染めてもらう場合と市販の毛染めを自分で買って行う場合がありますが、一般的には素人が染めやすい市販製品の方が成分が濃いといわれています。

 

 

取扱説明書には「妊娠中・授乳中は使用を控えてください」と書かれていることが多く、肌が敏感になり、母乳への影響が完全に安全だといえないうちは避けた方が良さそうです。

 

 

それでも、どうしてもカラーをしたいということであれば、美容室で植物由来のカラーリングをしてもらってはいかがでしょうか。

 

 

一般的な酸性やアルカリ性の毛染め液に比べて、薄い感じの色に仕上がりますが、髪や地肌にはやさしそうです。

 

 

一方、美容室でのカラーについても、美容師さんもカラーし過ぎると頭皮をチェックしていますし、やはりプロでも頭皮についてしまうことがあるのだと思います。

 

 

また、知り合いの美容師は毛染めの際に手袋をしてるのは、手が汚れるのを防ぐだけでなく、手に液がついてそれが体に吸収されるのを防ぐ為だとも言っていたので、わたしたちが思っている以上に毛染め液は体にダメージを与えるのかもしれません。

 

 

頭皮にしみにくい薬剤を使ってもらっても、頭皮がしみてストレスを感じるケースもあるようで、心身ともに負担がかかるので、授乳中のヘアカラーはできるだけ控えた方がいいかもしれませんね。

 

 

↓授乳中OK!母乳をサラサラにする葉酸サプリはこちら↓ 完全母乳

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加