ライブチャットで出会う

「万が一」の時の保険なら!

出産後に考えなければいけないこと

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

完全母乳

 

 

 

家族が増えるととても嬉しいですが、同時に真剣に考えなければいけないのが将来の事!

 

 

子供の成長は早く、あっという間に学校に行く年齢になり年齢と共に学校や進学にかかるお金は増えていきます。

 

 

また、母親としてはいつまでも元気で健康でありたいとは願いますがこればかりは保障できません。

 

 

万が一、病気にかかったり、手術が必要になったり、事故にあったりした場合はそれに対処する費用がかかりますし、最悪の場合、子供を残して旅立たなくてはいけないこともあるかもしれません。

 

 

子供が大きくなるまで、せめて成人になるまではどうにか守ってあげたいと思う気持ちはママが一番強いと思いますし、実際にその「未来」について真剣に考えることができるのはお腹を痛めて生んだママだけではないでしょうか。

 

 

ここでは、生まれてきてくれた小さな家族に責任を持つ者として見直していきたい保険の事についてお話したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

見直しが必要な保険は?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

完全母乳

 

 

見直しが必要なのがズバリ生命保険。

 

 

家族が増える分、責任も増えますので生命保険の受取額や受け取り条件、保障型にするのか貯蓄型にするのかなどを子供を含めて見直す必要があります。

 

 

また、子供が生まれて入っておきたいのが学資保険。

 

 

子供が成長するに従って、様々な学費が必要になってくるので、これも準備しておいたほうが良いでしょう。

 

 

学資保険は子供が被保険者となって契約されるもので、入学時期(中学・高校・大学など)に合わせて祝金(生存給付金)が受け取れ、満期を迎えたときには満期保険金を受け取ることができるもの。

 

 

契約者(ご両親のいずれか)に万が一のこと(死亡・高度障害)があった場合には、その後の保険料払込が免除され、祝金と満期保険金を受け取ることができます。

 

 

また、生命保険会社によっては医療特約を任意で付けることができるタイプや、医療特約が自動的にセットされているタイプもあり、子供のケガや病気による入院・手術に備えることもできます。

 

 

いざとなった時に(あぁ。。あの時にやっておけば。。)なんて後悔しないように、そして万が一の時にママも子供も安心していられるように、子供が生まれたらすぐに保険に入りましょう。

 

 

>>ファミリー向け保険見直しサービス

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加