ライブチャットで出会う

授乳中に薬は飲んでいいの?

授乳中に風邪をひいてしまったら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

完全母乳

 

 

ママが一番気になる授乳中の薬の服用。

 

 

母乳への影響がとっても気になりますよね。

 

 

ここでは、授乳中の薬の服用と、風邪やインフルエンザの予防・対策方法をご紹介します。

 

 

↓授乳中OK!母乳をサラサラにする葉酸サプリはこちら↓ 完全母乳

 

授乳中の薬の服用について

 

完全母乳

 

 

授乳中のお母さんが薬を服用すると、薬は授乳中に移行すると思われがちですが、国立研究開発法人 国立成育医療研究センターはこれについて、「ほとんどの薬は、母乳中に移行するけれども、その量は非常に少ない※」と述べています。

 

※8割くらいのお薬は、母乳が作られるときにお母さんの血液よりもかなり薄くなることが分かっているそうです

 

※但し、ペニシリン系抗生物質: 合成ペニシリンは乳汁に出やすいといわれています

 

 

薬を飲んでいるお母さんが必ずしも母乳をあげることを諦めなくてはいけないわけではなく、また母乳をあげるために必ずしもお薬をやめる必要はないというのです。

 

 

ただ、個々お薬についての十分な情報をもとに、主治医の先生と相談しながら決めていくことが大切だとも述べています。

 

 

また、「安全に使用できると思われる薬」「授乳中の治療に適さないと判断される薬」については、注意事項とともにHPで情報提供してくれています。

 

 

 

(注意事項)

 

* 「安全に使用できると思われる薬」は、これまでの科学的な情報をもとに評価を行い、授乳期でも安全に使用できると考えられる薬です
* 「授乳中の治療に適さないと判断される薬」は、病気と薬を比べて考えると、明らかに授乳期の治療に適さないと判断される薬です
* 表に記載されていないお薬は、すべて適さないお薬でもなく、すべて安全なお薬でもありません
* 抗悪性腫瘍薬については情報が非常に限られていること、また適応疾患が悪性腫瘍であることから、短いコメントで評価をつけることは難しく、誤解を生むおそれがあるため、表にはしていません。同様に免疫抑制剤についても表にはしていません
* 自己判断ではなく、必ず医師と相談して、お薬の使用や中止を決めることが大切です

 

出典:https://www.ncchd.go.jp

 

 

完全母乳
完全母乳
完全母乳
完全母乳
完全母乳
完全母乳
完全母乳
完全母乳

 

 

医学は日々進歩していますし、これからの研究によって授乳とお薬に関する情報が変わることもありますので、都度確認していった方がいいですね。

 

 

また、授乳と薬について個別に相談したい人は、電話でも相談にのってくれるようですので、母子手帳、お薬手帳などをお手元に用意して聞いてみるのもいいかもしれません。

 

 

もちろん、薬での治療も検討しつつ、風邪がうつるのを避ける為、手洗いうがいやマスクの着用なども意識して行いましょう。

目薬について

 

完全母乳

 

 

服用とはことなる形で使う目薬については、授乳中は使用を避けた方がいいものがあるようです。

 

 

(授乳中は使用を避けた方がいい目薬)

 

アイリスガードP(大正製薬)、マイティアアイテクト(千寿製薬、武田薬品工業)、マイティアアイテクトアルピタット(千寿製薬、武田薬品工業)、マイ ティアアイテクトアルピタットN(千寿製薬、武田薬品工業)、ロートアルガードクリアブロック(ロート製薬)、ロートアルガードクリアブロックa(ロート 製薬)、ロートクリア(ロート製薬)

 

 

また、次のものは使う前に医師や薬剤師に相談する必要があるそうです。

 

 

アシタザノラスト水和物が有効成分のアイフリーコーワAL(興和)

 

出典:http://otcreport.seesaa.net

 

 

インフルエンザになってしまったら

 

完全母乳

 

 

母乳育児支援にかかわる専門家のための非営利団体「NPO法人 日本ラクテーション・コンサルタント協会」の発表によると、インフルエンザは元々空気中に飛び散った粒子の中のウイルスを吸い込むことによって感染が起こって気道粘膜で増殖するため、血液の中に大量のウイルスが出現することはなく、母乳中にたくさんのウイルスが出ることは考えられないということです。

 

 

また、搾った母乳を飲ませて、そこから赤ちゃんにインフルエンザが感染したという報告もないようです。

 

 

さらに、抗インフルエンザ薬については、2015年現在、タミフル(一般名:オセルタミビル)とリレンザ(一般名:ザナミビル)、イナビル(一般名:ラニナミビル)、ラピアクタ(一般名:ペラミビル)が使われています。

 

 

リレンザ、イナビルは吸入薬で、体内に吸収される量は少なく、母乳中への移行はほとんどないと考えられますので、授乳中のお母さんに使用するのに適しているとされています。

 

 

そして、タミフルも、内服した場合の血中の薬の濃度は低く、母乳中に移行したとしても、赤ちゃんへの影響はほとんどないといわれています。

 

 

インフルエンザは健康な成人がかかっても自然治癒する疾患ですし、タミフルの効果は有熱期間を約1日短縮させるだけと言われているので、(タミフルはちょっと。。)という人は、「抗インフルエンザ薬は内服せず、解熱剤などの一般的な薬剤だけを必要に応じて使用する」という選択もできます。

 

 

予防については、赤ちゃんの顔に向かってせきやくしゃみなどをしないように気をつけ、使い捨てマスクなどでできるだけ感染を予防しましょう。

 

 

また、授乳中でもインフルエンザの予防接種を受けることができるので、心配な人は受けておくのもいいかもしれません。

 

出典:http://jalc-net.jp/

 

風邪やインフルの予防・対策

 

完全母乳

 

 

もし、どうしても薬は避けたい。。という人がいれば、免疫や代謝機能を高めて、風邪から脱出できるのを早くするフィネスの黄酸汁 豊潤サジーを利用してみても良いでしょう。

 

 

サジーは、ユーラシア大陸原産のグミ科の植物で、小さな果実には200種類以上の栄養素が含まれていて、栄養価の高さから「スーパーフルーツ」と呼ばれています。

 

 

ビタミンEはくるみの3倍以上、ビタミンCはレモンの10倍以上、抗酸化力はトマトの20倍以上、鉄分はプルーンの22倍以上ともいわれています。

 

 

完全母乳

 

 

また、中国の皇帝は歴代、健康維持の為にサジーを摂取していたようですし、あのチンギスハンも愛用していたのだとか。また、古来の医学書にも載っていて、古くから健康維持や滋養に用いられてきたようです。

 

 

そのサジーの果汁を100%使って作られたのがフィネスのサジーで、自然原料だけにこだわり、着色料、香料、保存料一切使われていないので母乳への影響も心配ありません。

 

 

完全母乳

 

 

抗酸化力については、他のサジージュースの7倍近くもあり、皮膚や粘膜を強くしてくれるので、風邪をひきにくいカラダも作ってくれます。

 

 

また、母乳をあげることで出て行ってしまう水分と栄養分も一気に補えるので、栄養不足が原因で起こる貧血や抜け毛、肌の乾燥なども防げます。

 

 

1日分たったの20キロカロリーですし、子供から妊娠中・授乳中のママも安心して飲めるので嬉しい♪

 

 

薬に頼りたくないという人、健康を維持したい人、冷え性の人には特におすすめですよ☆

 

 

 

>>【送料無料】まずはたっぷり10日間お試し!【黄酸汁 豊潤サジートライアル】

 

 

 

↓授乳中OK!母乳をサラサラにする葉酸サプリはこちら↓ 完全母乳

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加