ライブチャットで出会う

乳がんの原因とケアなら

乳がんの原因と症状は?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

赤ちゃん乳がん

 

 

おっぱいが作られる乳管付近ででき、その後リンパ節に広がっていく病気「乳がん」。

 

 

女性ホルモンであるエストロゲンの影響を受けやすく、エストロゲンの増減によって増えたり抑えられたりします。

 

 

その為、高齢での初産や出産回数が少ないなどエストロゲンが作用する期間が長くなると、乳がんが出るリスクが高くなると言われています。

 

 

ただ、女性である限り誰にでも起こりうる病気なので注意が必要です。

 

 

初期の段階では特に自覚症状はないので発見が遅れる事もあるので、日ごろから意識して体をチェックしていく必要があります。

 

 

↓授乳中OK!母乳をサラサラにする葉酸サプリはこちら↓ 完全母乳

乳がんかな?と思ったら

 

完全母乳

 

 

初期の段階では特に自覚症状はないので発見が遅れる事もあります。

 

 

また、30代から発症リスクが急増するので、この年代にあるママは特に検診を受けるようにしましょう。

 

 

ただ、授乳中はおっぱいが張っているので、授乳で子育てをしている人は、張りがおさまった時期を見計らって検診に行くと良いでしょう。

 

 

また、乳腺にしこりができる乳腺炎を乳がんと思ってしまうこともありますが、いずれにしても気になるものを発見したらすぐ検診をすることをお勧めします。

 

 

私も左胸にしこりを発見し、触診+分泌液検査をしてもらったところ良性の線維腺腫だったことが分かりました。

 

 

今は良性なので様子見ですが、色や形、位置や大きさが変わったら再検査をするようにと言われました。

 

 

その時良性でも悪性に変わる可能性もあるので、自分のためにも子供の為にも最低でも1年に1回、できたら半年に1回は受診するようにしましょう。

 

 

また、乳腺にしこりができる乳腺炎を乳がんと思ってしまうこともありますが、いずれにしても気になるものを発見したらすぐ検診をすることをお勧めします。

 

 

↓授乳中OK!母乳をサラサラにする葉酸サプリはこちら↓ 完全母乳

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加