ライブチャットで出会う

中毒を引き起こす?たばこが授乳に与える影響は?

授乳中にタバコを控えた方がいい理由

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

完全母乳

 

 

母子健康協会の静岡市保健所長 加治正行先生によると、今現在、以下の事がわかっているようです。

 

 

 

 

・ 喫煙していると母乳の分泌量が減る

 

 

・ 母乳に含まれる脂肪分(栄養の一部)が減る

 

 

・ ニコチンは母乳に混じり赤ちゃんの体内に入り込み、不機嫌、不眠、嘔吐、下痢など、急性ニコチン中毒症状を引き起こすことがある

 

 

 

 

つまり、授乳中の喫煙は、母乳の質と量両方を減らし、赤ちゃんの成長や健康を妨げるということ。

 

 

そもそも、ニコチンは青酸カリの5分の1〜10分の1の量で人を殺せる猛毒であり、赤ちゃんが誤ってタバコを食べてしまうと中毒を起こして死に至ることもあるといわれています。

 

 

そんな危険なものの一部を取り入れて、赤ちゃん与えるというのは冷静に考えると恐ろしいですし、自分が与えられたら嫌ですよね?

 

出典:http://www.glico.co.jp

 

 

この様に、赤ちゃんにとって百害あって一利なしのタバコですが「どうしても吸いたい」「たばこを止めなくてはいけないのであれば授乳を止めてしまいそう」という人はせめてタバコを吸い終わって3時間以上経ってから授乳するようにしましょう。

 

 

タバコを吸った直後は母乳中のニコチン濃度が非常に高くなるため(母体血液中の濃度の2〜3倍)、喫煙直後の授乳は避けなければならず、吸い終わってから3時間程度経つと濃度がかなり低下するといわれています。

 

 

とはいえ、赤ちゃんとママのことを考えるとやはり喫煙はすすめられませんし、特に赤ちゃんの健康を本気で考えるならば喫煙は必要であるといえます。

 

 

「赤ちゃんの為に!」と思う人は禁煙外来で保険診療での禁煙サポートを受けることもできますし、この機会に本気で禁煙をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

↓授乳中OK!母乳をサラサラにする葉酸サプリはこちら↓ 完全母乳

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加